なぜ脱毛サロンでの脱毛が良いのか?

ムダ毛の処理を自分で行っている人は多いですよね。脱毛サロンに通うのが難しい、脱毛サロンは高いイメージでいくらお金がかかるか不安、
自分でやったほうが早い!など、多くの人がそんな理由で自分でセルフ脱毛を行っていると思います。

 

 

でも、自分で脱毛をすると、ムダ毛が残ってしまってったり届かない場所にムダ毛が残って、満足いかないことがおおいですよね。

 

 

更にセルフ脱毛をすると、肌を汚くするという話も聞いたことがあります。せっかく脱毛できても肌が汚くなるというのでは、意味がありませんよね。

 

 

セルフ脱毛は肌を汚くする原因!?その理由が気になったので色々調べてみました。

 

 

なぜセルフ脱毛をすると肌を汚くすると言われているのでしょうか?

 

 

セルフ脱毛のやり方で一番多い方法が、カミソリでムダ毛を処理する方法です。おそらくムダ毛に悩んでいるほとんどの人が、試したことのある方法だと思います。

 

 

カミソリでムダ毛を処理すると、手っ取り早くムダ毛がなくなるので急な時にはピッタリなムダ毛処理方法だと思います。

 

 

でもカミソリでムダ毛を処理すると、カミソリ負けになってしまう場合があります。ムダ毛のない肌になりたいのに、カミソリ負けで汚い肌になってしまったという話をよく聞きますよね。

 

 

きちんとした方法で、カミソリで処理をしている人は少なく肌を傷つけてしまっているのです。

 

 

カミソリ負けで肌が汚くなった場合はもちろんですが、カミソリの歯が肌を傷つけてしまって、血が出てしまったなんてこともよくある話ですよね。

 

 

ムダ毛はなくなったけど、カミソリの切り跡が残った肌は誰が見てもセルフ脱毛をしたとわかるぐらい、恥ずかしい結果になってしまうこともあります。

 

 

セルフ脱毛を長年行うと毛穴が黒ずみ、ムダ毛は処理できても黒いブツブツが残って、肌が汚くなってしまうのです。こういった理由から、セルフ脱毛は肌を汚くする原因と言われているのです。

 

 

ムダ毛のないキレイな肌を手に入れるためには、きちんとした方法で脱毛するのが大事です。

ムダ毛の自己処理は肌トラブルの原因!

ツルスベお肌を手に入れたくて、ムダ毛の処理を行っている人は多いですよね。

 

 

足やワキな腕など、女性なら誰でも一度はムダ毛の自己処理の経験があると思います。

 

 

手っ取り早く処理できて、一気にムダ毛がなくなるので急いでいる時は本当に簡単にできていいですよね〜。

 

 

でもムダ毛を処理した時は良いですが、後々肌が荒れて大変な思いをした人も少なくないんですよね。せっかくムダ毛がなくなっても、肌荒れをしてしまっては元も子もありません。

 

 

ここでは、ムダ毛の自己処理は肌トラブルの原因!ツルスベお肌を手に入れる方法は?どんな方法があるのか、ご紹介します。

 

 

多くの女性が、ムダ毛の自己処理を簡単にしてしまっています。

 

 

カミソリやシェービングでムダ毛の処理をする人は多いと思いますが、肌に多く負担がかかっているので、ムダ毛が処理できた後に肌荒れをしてしまうというわけなんです。

 

 

自分でムダ毛の処理をして大変なことに!

自分でムダ毛の処理をして失敗してしまった人の体験談です。

 

 

【ありささん(仮名) 24歳】
私はVラインの自己処理をカミソリでしていました。
カミソリで剃ると、Vラインの毛が太いためか、どんなに気を付けていても赤いぶつぶつができてしまいました。
また、カミソリでそった後に生えてきた毛は、チクチクしていてパンツを突き破ってでてきていました。
そんなとき、合コンで知り合った人といい雰囲気なり、デート帰りにホテルに行くことになりました。
酔っぱらっていて忘れていたのですが、シャワーを浴びようと思い服を脱いで、パンツから付き出ている毛を見て、自己処理直後ではないことを思い出しました。
つまり、赤いぶつぶつあり、チクチクあり、突き破ってパンツからでてきている状態です。
内心これはやばいかも・・・と思いましたが、そこまできたら帰ることもできないので、暗くすれば見えないし大丈夫、と自分に言い聞かせました。
いざ、という場面になって、電気は消してもらうことに成功しました。
ですが、触るとわかるんですよね、パンツを突き破って毛が出てきているのが。
彼が一瞬「ん?」という顔をしたのがわかりました。たぶん気になったからだと思うのですが、一気に脱がさす下着姿にさせられました。
そこで私のパンツを突き破って出てきている毛を見た瞬間、彼が笑い始めました。
すごい恥ずかしかったのですが、「ごめんごめん、気にしてないよ」と言ってくれ、気を取り直して再開。
したのですが、彼が突然笑い出しました。そして「ごめん、チクチクしてかゆすぎてこれ以上はできない。」と言われました。
彼は涙を流して笑っており、かなり大爆笑していました。
もうほんとに恥ずかしくて、帰りたかったです。

なぜか意気投合して結局その彼と付き合っていますが、VIO脱毛をした今でもその話をされます。
きっとずっと言われ続けるんだろうなあ、、、と思っています。
みなさんも、特にVラインの自己処理は気を付けて下さい。カミソリでの自己処理をするくらいなら、しない方が良いですよ。

 

 

【らんさん(仮名) 30歳】
小さいころから毛深く、中学に入った頃からカミソリでムダ毛処理をしていました。
若いせいか、剃っても剃ってもすぐに生えてきて毎日のようにカミソリで剃らないとチクチクした肌になってしまいました。
その上、カミソリで剃れば剃るほど毛が太くなっているような気がして、負のスパイラルに入ってしまったような気がします。
今だからわかりますが、年をとれば毛の勢いもなくなるのでそんなに悩む必要もなかったですが、当時の私にとってはムダ毛との格闘は本気で悩みました。
そんな中、カミソリで足のムダ毛を剃っていたら誤って肌を切ってしまい結構深く傷がついてしまい血が止まらず危うく救急車を呼ばれそうになりました。
毎日剃っていたので、自分でもカミソリの扱いに慣れていると思い油断してしまったのが原因です。
血がかなり流れていたので怖かったですが、なんとか止まって次の日は包帯を巻いて学校に行くはめになりました。
その後、カミソリで剃るのが怖くなりなかなかムダ毛処理が出来なくなりました。
冬場なら良かったのですが、あいにく夏場で腕も足も出ている状態でムダ毛処理ができてないと恥ずかしくて友達の近くに寄れませんでした。
ただでさえ、肌が触れ合うとチクチクすると思って至近距離に入らないように気をつけていたのにもっと近づけなくなり困りました。
しばらく、1人で過ごすようにしていましたがそれも限界がきてもう開き直ることにして友達の近くに行くようにしました。
おそらく、自分で感じているほど人はムダ毛を気にしていないのではないかと思います。
確かにムダ毛を気になりますが、少しノイローゼ気味になっていたような気もします。
その後は、あまり気にしないようにして、しばらくすると傷も癒えましたし、カミソリで剃るのも怖くなくなりました。
ただ、毎日剃るのはやめて、数日に一回のペースにしました。

少々チクチクしますが、それはもうしょうがないと開き直って諦めました。
幸い、そんなことで離れていく友達もいなかったので救われました。
現在はエステで脱毛したので、以前ほどムダ毛に悩まされませんが中学の頃は本当に苦労しました。

 

 

【かなさん(仮名) 25歳】
あれは18歳の頃、ほんと『油断大敵!』な体験でした。
当時バイトしていた喫茶店の常連のお客さんが突然「マスター、彼女貸して!」と言い出し「広告モデル」を
やってくれと拝み倒されたんです。唐突すぎて「怪しいスカウト?!」とドン引き…なんでも、プロのカメラマンさんだったらしく、撮影があるのにモデルが調達できなかったらしく、マスターまで「やってあげなよ」とグイグイ押され、冷や汗がタラリ…
なぜなら、「脇のお手入れ」をサボっていたんですよ!真冬だったし、部活も引退してたから半袖のウェアも着ない時期だったから!
「そんなに枚数ないから一時間くらいで終わるよ!バイト代、5000円出すよ!」
「でも、バイト中だし!写真写り悪いし!モデルなんて無理だし!」
「店は大丈夫だよ。やってあげなよ。緊急事態なんだからさ。」
もう、どうあっても逃げられそうになくて!まだ、恥じらい真っ只中の当時JKだったのに!とうとう言いましたよ『ムダ毛の処理してないんです!』って……
一瞬、だまるオジサン2名でしたが
「大丈夫だよそんなの!プロだよ!ちゃんと大丈夫なように撮るから!」
もう、押し切られつつも最後の足掻きに『じゃ…30分ください。処理してきますから…』と申告するも
「時間ないから、そのままで!」と、喫茶店の隣のビルのスタジオに押し込まれ…
ただでさえ、写真写り悪いのに赤っ恥かいた直後に笑えるかって!まあ、「これ着て」って渡されたのは半袖だったりして、少しはほっとしたけど。
で、やっぱプロなんですね。「こっち向いて」「あご少し引いて」「はいそこで、ちょっと目を見開く感じで…ハイ!いいよ!」なんていろいろと支持してもらううちに、少しずつリラックスして、撮影も順調に進んで、広告に載せる洋服をとっかえひっかえしながら、「はい、これでラストだから」と渡された服に硬直!『ノースリーブのパーカー』たったんです!しかも、「はい、これ持って、顔の横に持ってく感じで!」と渡されたのは「黄色い硬式テニスボール」…半分やけくそでポージングしましたよ。
後日見た広告は、有名量販店の衣料品のもので、わずかなカットしか使われておらず、「ほっ。」

「これ、あげるよ!協力ありがとうね!」とオジサンカメラマンから、モノクロの大判のピンナップももらい、まるで別人みたいな「キメ顔」で写る自分に驚きと嬉しさでいっぱいに…
しかし最後の写真を見て茫然…バッチリ写ってましたよ『ワキ毛!』が。ま、広告には載らなかったけですけどね。でも、「わざわざ渡さなくってよくない?」ってJKは思ったわけですよ…「やっぱオジサン、デリカシーないわ…」って。

 

 

【ゆうさん(仮名) 29歳】
私は大学生の時、ムダ毛の処理でとても恥ずかしい体験をしてしまいました。
それは、大学四年の時の教育実習でのことでした。
毎日の実習で疲れがたまっていたため、何をするにも必要最低限のことしかしない毎日でした。
そんな実習の後半、プールに入り始めるようになりました。
しかし必要最低限のことしかしなかった私は、水着ぎりぎりの部分までしか、ムダ毛の処理をしなかったのです。
子どもがふざけて水着をずらすようなことはしてきませんし、それでうまくいっていました。
しかしある日その事件は起きてしまいました。
そこの学校へは、もう一人同じ大学の友達も実習に来ていました。
たまたまプールの時間で一緒になった時のことです。
二人で先に行ってプールの準備をしていて、準備が終わったため、プールサイドで座って少し喋っていました。
その会話の流れで、「今日は暑いね。」「焼けるね。」という話になりました。
「そうだね。」と返した瞬間、それはまさに一瞬の出来事でした。
その友人が私の水着をずらしてきたのです。
「まだ焼けてないね。」と言って水着を戻しました。
ムダ毛のことに関しては何も触れてはきませんでした。

しかし、それは一瞬でわかるほどの毛深さでした。
実際、「まだ焼けてないね。」の前に一瞬の間があったことを私は感じました。
その友人はとても良い友人で、優しい人です。
大学に戻って言いふらすとか、笑い者にするとか、そういったことは絶対にしない子でした。
それでもやはり、誰かに見られたということが本当に恥ずかしくなりました。
それからは、その友人と一緒にならなくても、しっかり処理していくようになりました。
人生何が起こるかわかりません。
どんなに些細なことでも、起こってしまえば後悔しかないことはたくさんあります。
何がいつ起こっても良いように、しっかりムダ毛の処理をすることが大切なのだと学んだ瞬間でした。
もう二度と、あんな恥ずかしい思いはしたくないと思いました。

ツルスベお肌を手に入れる方法は?

まず、肌に負担のないシェービングを選びましょう。
カミソリのように直接肌に触れないものもあり眉毛のような太い毛からうぶ毛のような柔らかい毛まで処理できるという電気シェーバーがあります。

 

 

電気シェーバーだと肌への影響は少なく、肌トラブルの原因になりにくいです。専用のシェービングフォームも必要ないので、一つあれば便利ですね。

 

 

ムダ毛の処理を行った後は、肌が傷ついた状態になっているので冷やしましょう。炎症を起こしている部分を冷やして、そののち保湿をすると肌トラブルの原因になりません。

 

 

ムダ毛処理を行った後は冷やして赤身を抑え、十分に冷えたらしっかり保湿することでムダ毛で傷ついた肌の回復を助けてくれます。

 

 

ここまで気を気をつければ、肌トラブルの原因は軽減できますよ。でもツルスベのお肌を手に入れる方法は?もっとあります。

 

 

医療クリニックで行っているレーザー脱毛や脱毛サロンなどで行っている光脱毛で脱毛をすると肌への影響は少なく、キレイに脱毛できるのでツルスベお肌を手に入れることができますよ。

 

 

特に美容系のサロンで行っている脱毛は、専用のジェルや専用の機械など導入しているところが多く肌が前よりキレイになったというところもあって、ツルスベのお肌も夢じゃないですね〜。

 

 

やっぱり夏はツルスベお肌でオシャレを楽しみたいですよね!脱毛ナビなら沖縄女子の為に沖縄にある脱毛サロンを比較してわかりやすく紹介しているのでとても参考になると思います♪